menu

大津市瀬田で整骨院をお探しなら二又接骨院へ
 

運転中に腰痛に?腰痛対策で痛みを軽減しよう

運転中に起こる腰痛は非常に多いと言われています。軽度であれば良いですが、重度になると受診が必要です。そんなことにならないように日頃から「腰痛対策」をしておくことが大切です。ここでは腰痛の原因と対策法を解説しています。なぜ運転中に腰痛が起こってしまうのか、原因を知ってしっかり対策をすれば痛みも軽減できるでしょう。

運転中に腰痛が起きる原因

腰痛になる原因はさまざまです。一般的に無理な動作によって起こると言われていますが、長時間同じ姿勢でいることも腰痛の原因になります。ここでは運転中の腰痛について紹介します。

座席シートが体に合っていない

いわゆるドライビングポジションが合っていないことで起こります。座席シートが体にしっかりフィットしていないと、腰に負担がかかり痛みを引き起こしてしまう恐れがあります。毎日運転している方や長時間運転する方は、特に座席シートには気をつけたほうが良いでしょう。運転中の姿勢を良くするアイテムも売っていますから試してみてください。

姿勢が悪い

座席シートが自分に合っていないと、どうしても姿勢が悪くなってしまいます。また自身の運転中の癖や間違った姿勢も腰痛に影響します。たとえばハンドルと体の距離を近づけて運転する方法です。体もこわばっているので血行も悪くなってしまいます。特にAT車は左足を使わないので、片方に重圧がかかりやすく腰痛になりやすいと言われています。

運転中の腰痛対策で実践したいこと

運転中は腰痛対策をすることである程度発症を軽減できます。「姿勢を良くする」と言っても、一度運転の癖がついてしまうと改善は困難です。ここでは効果的な腰痛対策を紹介します。

運転前にできること

走行してから姿勢を治すのは危険です。運転前に座り方を治すことで、ある程度腰痛を軽減できます。やり方は、シートにきちんと座り9時15分の位置でハンドルを握ります。180度回したときに肘が完全に伸びないところまでシートを倒します。運転が楽な姿勢よりも腰に負担がかからない姿勢がベストです。特に長時間運転をする場合は、この方法を試してみてください。

水分補給をすること

実は水分補給も腰痛対策に良いと言われています。運転中は水分補給を忘れがちなので、意識して摂取するようにしてください。水分を摂ることで血行不良が防げます。

おすすめの腰痛対策アイテム

座席にクッションを置くのもおすすめです。選ぶときのポイントは“自分の腰に合う”もの。座布団タイプや腰当てタイプなどいろんな種類があります。なかには首を固定するものもあり、固定することで前のめり姿勢を防ぐことができるでしょう。

エクササイズで腰痛予防

日頃からエクササイズで血行不良を改善してあげるのも大切です。運動をする人としない人では、当然後者のほうが腰痛になりやすいと言われています。もちろん無理なエクササイズは良くありませんが、積極的に腰を動かし腰痛を防ぎましょう。おすすめのエクササイズを2つ紹介します。

・仰向け

仰向けの状態で膝を立て、肩の高さに手を開きます。全身の力を抜いたら膝を左右に倒します。このときリズミカルに行うのがポイントです。腰も大きくひねりながら倒しましょう。これを30回繰り返します。

・四つん這い

四つん這いになり背中を丸めます。なるべく大きく丸め、次に大きく反らしていきます。これをスムーズに行います。1日5回×3セットでOKです。

運転中の腰痛は対策で軽減しよう

どうしても腰痛になりやすい運転中。毎日車に乗らなければいけない人にとっては苦痛です。そんな運転中による腰痛を回避する方法を紹介してきました。しっかり対策をしていれば発症も防げ、楽しく運転できるでしょう。運転による腰痛で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. 院内のコロナ対策とは?オゾンによる滅菌に注目

  2. 股関節の痛みに潜む危険性

  3. 膝関節靭帯損傷の原因・予防法・治療法について

  4. 睡眠の質

  5. 寝る姿勢の快眠・腰痛防止

  6. 交通事故治療について①


〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18 4MMビル 1F

077-572-7127

9:00~12:30
16:00~20:30
定休日:日曜日・祝日・木曜午後・土曜午後
※最終受付時間は、午前12:00・午後20:00