menu

大津市瀬田で整骨院をお探しなら二又接骨院へ
 

熱中症と日射病はちがうもの?

皆さんこんにちは。
毎日うだるような暑さですが、いかがお過ごしでしょうか?
外へ洗濯物を干すだけでもまるで溶鉱炉にいてるかと錯覚してしまう程の厚さですね。
さて、今回は「熱中症と日射病」についてお伝えしたいと思います。
小さなお子さんからご高齢の方までいつ誰もがかかる可能性があるため、この記事で少し
でも予防してもらえたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

日射病とは?
昭和に生まれた世代は「日射病」と言われる方がしっくりくるかもしれませんね。
昔は、夏に帽子をかぶらずに遊んでいたら母から「日射病なるから帽子をかぶりなさいよ
」とよく言われたものです。
実は、日射病は熱中症という大きなカテゴリーの中の1つです。
日射病は、頭に直射日光を受けることが原因となりますが最初はあくび、そして頭痛、め
まい、ふらつき、吐き気の症状が出ます。早く処置をしないと最悪命の危険にも繋がりま
す。
熱射病とは?
そして、熱射病も日射病と同じく熱中症という大きなカテゴリーの中の1つです。
しかし、熱中症の中でも1番重症です。
熱射病は屋内外問わず高温多湿な環境に居たり、作業をしていたり、運動していたりする
ことで起こります。体温調節機能が破綻することで、倦怠、頭痛、めまい、意識障害を伴
います。体内から水分が奪われ過ぎ、もはや汗が出ず、40度以上の高体温となって、意識
が混濁し最悪の死に至ります。
熱中症とは?
熱中症は、高温や多湿の環境下で起こる身体の障害の総称です。
症状としては、
発汗による脱水と、血管の拡張で血圧が下がり、めまい、失神などを起こす→「熱失神」
大量の発汗により、塩分やミネラルが不足し、筋肉のけいれんを起こす→「熱けいれん」
多量の発汗に水分や塩分の補給が追いつかず、脱水症状となった時に発生する→「熱疲労」

体温調節機能が失われることによって起こる→「熱射病」
日射病は原因が直射日光であることが重視されています。

 

 

 

 

熱中症にかかりやすい人?チェックしてみましょう!
自分が熱中症にかかりやすいかチェックしてみましょう!
□朝ご飯を食べない
□太り気味
□冷え性で汗を中々かかない
□睡眠不足が続いている
□風邪をひきやすい
□運動習慣がない
□尿の色が濃く量が少ない

□トイレに行くのを気にして水分を摂らない
□厚着気味
□クーラーは使わない
さてこの中にいくつチェックが付きましたか?
実は1個チェックがあるだけでも黄色信号です。
2個以上チェックがあった人はいつ熱中症になってもおかしくない赤信号です。
熱中症になる原因
実はさっきのチェック項目には熱中症になる原因が含まれていたのです。
●朝ごはん→水分不足となり、熱中症を引き起こすということは知られていますが、
人間は食事からも水分を補っています。特に朝起きた時は水分が少なくなっている状態な
ので、朝ごはんからも水分を補給することが大切です。
●太り気味、冷え性で汗かかない→体温調節がうまくいっていない可能性があります。
暑いと手足の血管が開き汗をかいて熱を対外に放出しますがあ、体温調整がうまくいかな
いと体内に熱が籠りやすくなってしまいます。熱がこもると、熱中症になりやすくなりま
す。
太り気味のかたは脂肪が邪魔して体内に熱が籠りがちになります。
●睡眠不足で風邪をひきやすい→体調が安定しない要素を含んでいます。
睡眠をしっかりと取らないと疲労が蓄積され免疫力が低下し熱中症を起こしやすくなりま
す。また、風邪薬を服用すると発汗作用が低下するため熱中症になりやすくなります。
●運動習慣がない→運動されない(ほぼされない)方は、汗をかきにくい人が多く、体温調
節がうまくいかないため熱中症の心配があります。
●尿が濃い、量が少ない、水分をとらない→脱水症状が起こっています。これは非常に危険
です。お手洗いに行かないように、寝る前は水分を摂らないご高齢の方をよく聞きますが

これでは脱水症状を起こし熱中症を引き起こしてしまいます。まずは、水分を摂ることを
優先させましょう。喉が渇いてから飲むのでは遅いですよ。
●厚着、クーラーを使わない→体温調整ができずに体内に熱をため込んでしまいます。
上記いずれも熱中症の危険をはらんでいます。一つでも当てはまったら、意識して改善し
ましょう。
熱中症を予防しよう!

 

 

 

 

 

 

チェックリストで1つも当てはまらなかった!と安心している方もいらっしゃるかもしれ
ませんが、近年の暑さは昔の暑さとは質が違います。少しでも油断すると、いつ熱中症に
なってもおかしくありませんので、過信せずに熱中症対策を!
予防のポイントは、
1 室内ではエアコンをつけましょう!扇風機で下に来る風を回すことで冷房を効率的に
使用できますよ。また、遮光カーテンや遮光フィルムなど断熱効果のあるものを使用
することもポイントです。
2 外出する際は、日傘や帽子を使いましょう。日傘をさすことで、体感温度が2度下が
ると言われています。また、首(頸動脈)を冷やすことも効果的です。
気化熱を利用した、濡らすと冷えるタオルやヘッドホンのような形の首に当てる冷却

機などの利用も予防効果が高いです。何よりも、不要不急の外出は控えるのがベスト
です。
3 こまめに水分補給しましょう。一気に500mlを飲み干すよりも少しずつこまめに
摂取することが大切です。経口補水液やスポーツドリンクもいいですが、
飲み過ぎると糖分過多となりますので、500mlペットボトル1本/日目安に飲んで
くださいね。麦茶は、ミネラルも含んでいますので麦茶がおススメですよ。また、塩
分補給はクエン酸で疲労回復効果もある梅干しがおススメです!
4 体調が思わしくないときは休息することも大切です。
5 お酒の飲みすぎには注意しましょう。これは熱中症に限ったことではないですが、
特に熱中症は脱水症状が原因の1つですので、お酒を飲みすぎると脱水症状が起こり
ますので気をつけましょう。お酒を飲んだらお水もきちんと飲みましょう。
6 車の中も気をつけて!車の中でエアコンを切ると車内の温度はまるでサウナです。
車に戻ってきたら、窓を開けクーラーをかけて涼しくなってから乗車することも大切
です。
いかがでしたか?熱中症は最悪、命を落とす危険性があります。
自分は大丈夫だという過信は絶対にやめ、自分の命を守りましょう。
小さなお子さんや高齢者、またペットは自分で管理することは難しいので、
家族や地域で見守り、熱中症で亡くなる方が出ないように協力しましょう。
また少しでも具合が悪くなったら我慢せずに近くの病院へ受診してくださいね。

次回もお楽しみに~☆彡

腰痛、首痛、肩こり、産後骨盤矯正、猫背矯正、スポーツ障害、インナーマッスルトレーニングなどあらゆる体のお悩みに!

二又接骨院公式LINE 下記のQRコードからぜひ友だち登録お願いします☆彡

前日までのご予約や予約変更もできます!(日祝挟む場合はご返信が遅れることがありますので、ホームページからお願いします)

 

 

 

二又接骨院

〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18-4

電話番号:077-572-7127

営業時間 : 月・火・水・金:午前 9:00~12:30/午後 16:00~20:30

木・土:午前 9:00~12:30   定休日:日曜日 祝日

8月11日~15日は休診させていただきます。

関連記事

  1. 梅雨時期の体調不良

  2. 寒さからの不調

  3. 運転中に腰痛に?腰痛対策で痛みを軽減しよう

  4. 産後の体調に要注意!どんな症状が起きる?

  5. 腰痛は付き合い方次第で予防・改善できる

  6. 骨密度を上げよう!


〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18 4MMビル 1F

077-572-7127

9:00~12:30
16:00~20:30
定休日:日曜日・祝日・木曜午後・土曜午後
※最終受付時間は、午前12:00・午後20:00