menu

大津市瀬田で整骨院をお探しなら二又接骨院へ
 

マットレス 高反発 低反発の違い

人生の1/3は睡眠と言われるくらい、睡眠は体にとっても心にとっても大切なもの。

寝方を間違えると体に不調をきたし、返ってスッキリとしないこともありますよね。
いい睡眠を求めるために寝具を考えてみるというのも一つの方法。
今回は、よく質問される「マットレスは高反発か低反発か」について記したいと思います。
それでは、「高反発」と「低反発」の違いを理解することから始めましょう。
どちらも良さそうだけど、いざマットレスを買おうとした時どちらが良いのか悩んだことはありませんか?
シンプルな答えとしては
「低反発」・・・体がある程度沈み、押し戻す力が弱いため体の位置を安定させて寝返りの回数を抑えられる
「高反発」・・・体が沈み過ぎないように押し戻す力が強いためスムーズな寝返りが打てる
なのですが、では一体、自分の体にはどちらが合っているのかよくわかりませんよね。
では、自分にあったのはどちらか見て行きましょう。
この2種類は硬さの違いが大きいので、硬過ぎるものや柔らか過ぎるものを選ぶと睡眠の姿勢が変わるのです。
自分の体重に適した硬さを選ぶ必要があります。
具体的に申しますと、柔らか過ぎるマットレスで寝た場合、お尻や腰が沈み過ぎて睡眠姿勢が崩れ、寝起きに腰や肩が辛いと言った症状が起こり得ます。
また硬過ぎるマットレスで寝ているとお尻や腰がマットレスにうまく沈まないため、腰が反った状態になり、腰まわり、背中などに負担がかかり、「しびれ」や筋肉痛のような症状が出る原因となることもあります。
体重が45kg以下の方は低反発、それ以上の方は高反発が目安となっています。
また、朝起きると腰が痛いとおっしゃる方もいらっしゃいますが、寝起きの腰痛、肩こりはスムーズな寝返りができていないことが原因となるケースが多く、
高反発マットレスに変えてから腰痛が楽になったという方が多数います。
寝返りは体の小さなズレや歪みを整える役割もあるため、腰痛には高反発が適していると思われます。
ここからは、それぞれのメリット、デメリットをお伝えしようと思います。
「低反発」
 メリット
・柔らかく包み込むような寝心地
・体圧分散が高い
・抜群の衝撃吸収力
・横向き寝でも寝姿勢が安定
 デメリット
・寝返りが打ちにくい
・変形量が多くへたりやすい
・寒い時期は硬くなることがある
・蒸れやすい
・重い
「高反発」
メリット
・反発力があり寝姿勢が安定
・寝返りが打ちやすくなるサポート性
・体圧分散性に優れている
・通気性がよく蒸れにくいものが多い
・軽いものが多い
デメリット
・最初は硬く感じる人もいる
・値段が高いものが多い
以上、これらの点を考慮して、快適な睡眠のために寝具のことを考えてスッキリした目覚めを手に入れたいですね。
年末は何かと忙しく、睡眠時間も少なくなりがちですが、十分な睡眠時間と睡眠の質を手に入れて、
痛みのない体で令和3年を過ごしたいですね!

 

 

 

 

会社名:二又接骨院

〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18-4

電話番号:077-572-7127

営業時間 : 月・火・水・金:午前 9:00~12:30/午後 16:00~20:30

木・土:午前 9:00~12:30

定休日:日曜日 祝日

関連記事

  1. 膝関節靭帯損傷の原因・予防法・治療法について

  2. 慢性化する痛みの原因と種類とは

  3. 股関節の痛みに潜む危険性

  4. 妊娠から出産まで母体にはどんな影響がある?

  5. スマホの使いすぎは健康被害を及ぼす?

  6. 【女性の悩み】生理痛と腰痛は関係している?


〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18 4MMビル 1F

077-572-7127

9:00~12:30
16:00~20:30
定休日:日曜日・祝日・木曜午後・土曜午後
※最終受付時間は、午前12:00・午後20:00