五十肩・四十肩

突然肩が上がらなくなった…夜眠れないほど肩が痛い…など、これまで経験したことのない肩の痛みでお悩みの方は五十肩・四十肩の疑いがあります。五十肩・四十肩は日常生活への影響が非常に強く、発症した方を大変苦しめます。症状に個人差はありますが、多くのケースではあまりに肩が上がらなくなるので、治る気がしないと絶望する方もいらっしゃいますが、適切な対処を行えば元通り肩が動くようになる例が大半を占めます。大切なことは、どのタイミングでどんな対処を行うか、です。我流で治そうとすると、症状の悪化を招いたり、将来的に後遺症を残したりするリスクもありますので、是非このページで適切な対処方法についてご確認ください。

こんなことにお困りではないですか?

  • 肩が痛くて高い所の物が取れない
  • 突然片方の肩がうずくようになり眠れない
  • 肩の痛みや動きにくい状態が1週間以上続いている
  • 背中の後ろに手が回せないので着替えに苦労している
  • 一時より肩の痛みがマシになってきたが、依然肩が上がらない
  • 手や腕にシビレがある

以上のような症状でお悩みの方は、五十肩・四十肩になっている可能性があります。

五十肩・四十肩について

五十肩・四十肩のネーミングについて

「五十肩」「四十肩」という言葉は俗称で、正式な疾患名ではありません。正式には「肩関節周囲炎」の一部と考えられています。肩関節周囲炎とは読んで字のごとく肩関節の周辺に起こる炎症のことで、とてもザックリしたネーミングからもわかるように、様々な原因により起こる肩関節周囲の炎症症状を総称した「疾患群」です。その中でも「肩関節に痛みと運動障害(動きの制限)がある」、「原因が明確はない」、「40歳代(50歳代)に発症した」という3つの条件を満たすものが四十肩・五十肩と呼ばれています。四十肩と五十肩の違いは単純で、40歳代で発症したものが四十肩、50歳代で発症したものが五十肩と分類されます。

五十肩・四十肩の症状

生活に支障をきたす症状ばかり

五十肩・四十肩の症状は肩関節に起こる「痛み」と「運動障害(動かしにくさ)」です。重症例では、痛みに加え「しびれ」をきたすこともあります。発症に前触れがなく、重いものを持ち上げた際やゴルフのスイングをした瞬間に突然発症すうケースが多数を占めます。発症直後を「急性期」と呼び、肩関節周囲の炎症が強いため、安静にしていても痛みを感じます。患部の安静を保ち徐々に炎症が弱まると、腕を前方や側方に持ち上げる動きや、自身の背中を触るような動きをすると肩関節に痛みを感じ動きが制限されるといった「慢性期(拘縮期)」に移行します。放置していると「回復期」に移行し痛みは治まりますが、それまでに適切な対処を行っていないと、半永久的に動きの制限が残ってしまうことが多いため、適切な処置を受けることをお勧めします。

五十肩・四十肩の原因

原因は不明だが多くの症例から傾向は明確になっている

そもそも肩関節周辺に炎症が起こった際、原因がはっきりしないものを五十肩・四十肩と呼ぶため、原因はハッキリしません。ただし、重い荷物の負荷、ゴルフスイングのように肩関節に突然力が加わって発症することが多いため、普段あまり肩関節を大きく動かさないことで癒着している組織が突発的な動きにより引きはがされるような状況に陥り発症しているものと考えられます。少し難しい表現になりましたが、つまりは普段肩関節をあまり動かさないことが原因だということです。特に現代の生活様式の中では、肩より上に手を上げる動作が極端に少なくなっています。そのような生活習慣が発症に大きく関わっていることは間違いありません。

五十肩・四十肩の対処法

痛みのステージに合わせた対処が必要

前述のとおり、五十肩・四十肩には「急性期」「慢性期(拘縮期)」「回復期」というステージがあり、それぞれのステージで適切な対処方法が全く異なります。
状態に合致しない対処を行うと、直りが遅くなる、痛みが悪化する、後遺症が残るといった弊害が起こりますので、注意が必要です。
それぞれのステージに合わせた対処方法をご説明します。

まずは「急性期」の対処についてです。
急性期は痛めた直後の状態で、通常は2カ月間から9カ月間このステージが続きます。
期間に大きな幅があるのは、炎症の程度やどの程度安静にしたかで大きく期間が変動するためです。
急性期は夜も眠れないほどの痛みを伴う方もいらっしゃるくらい、痛みの強い時期です。
このタイミングで肩関節を動かしてしまうと、組織の損傷が増し、炎症が悪化しますので、絶対安静が基本です。
また、痛めている方の方を下にして眠ることも炎症を悪化させる要因になるため、注意が必要です。
この時期を長期化させればさせるほど、肩の動きの制限などの後遺症が残りやすくなることもあらかじめ知っておいていただきたいと思います。
中には毎日お仕事や家事で忙しく安静にしている場合ではないという方もいらっしゃると思いますが、急性期は絶対安静が症状の早期改善にとって最も大切なことはご理解いただき、できる範囲で安静を確保してください。

次に「慢性期(拘縮期)」の対処方法です。
この時期は徐々に肩関節を動かすことが重要です。
動かすと言っても、痛いところまで無理やり動かすと再び炎症が強まり、急性期に逆戻りする可能性があります。
日常生活中は、痛みのない範囲で肩関節を動かし始めるようにしましょう。
セルフトレーニングとしてはコッドマン体操という運動が効果的です。
また、この時期からできるだけお早めに接骨院での施術を受けていただくことをお勧めします。
肩関節の動きを制限している筋肉を地道に緩めることで、回復のスピードと後遺症のリスクをグッと減らすことができます。

最後は「回復期」の対処法です。
この時期になると、慢性期よりも大きく肩を動かせるようになっています。
肩甲骨の動きを良くしたり姿勢を良くするための筋力トレーニングを積極的に導入していくと、肩関節の動作が劇的に安定します。
五十肩・四十肩を改善するうえでも、正しい姿勢は大変重要です。

当院の五十肩・四十肩施術と料金

当院で受けられる五十肩・四十肩の施術

当院で受けられる五十肩・四十肩の施術

・肩関節の動き(可動域)を拡げる施術
・肩関節を正しく動かすための筋力を付ける施術
・肩関節に負担のかからない姿勢を構築する施術

※以上の施術は当院で行っている施術の一例です。お一人お一人に合わせたオーダーメイドの施術を行っておりますので、患者様のお体に合わせて最適な施術をご提案させていただきます。

五十肩・四十肩施術の目安料金

初回 2,750円

内容:初回カウンセリング、検査、姿勢矯正、関節の動きを広げる施術、筋力を付ける施術
(※お身体の状態に合わせて施術内容を変更する場合もございます。)

2回目以降 1600円~2300円

内容:姿勢矯正、関節の動きを広げる施術、筋力を付ける施術
(※お身体の状態に合わせて施術内容を変更する場合もございます。)

詳しい施術料金について

当院では、患者様の同意を取らずに施術を実施することはございません。初回・2回目以降に関わらず施術の効果と料金をご説明したうえで患者様の同意をいただき、初めて施術を実施いたしますのでご安心ください。

当院で五十肩・四十肩施術を受けた方の声

一生できないと諦めかけていたゴルフが二又接骨院のおかげで再開できた

(草津市在住の男性)

ある日ゴルフのスイングで肩を痛めてから1年以上痛みが続きゴルフを休んでいました。ピークの時ほどの痛みは無くなりましたが、それでも肩を大きく動かすことができなくなってしまいました。整形外科に通っても、痛み止めの飲み薬で様子を見ましょうと言われるだけで一向に改善せず、この先一生ゴルフができないだろうと落胆し一時は諦めようとしましたが、やはり諦めることができなかったためかたをちりょう転院することに。そんな時にインターネットで二又接骨院を見つけました。整形外科で一向に改善しない症状が治るものかと、はじめは半信半疑ではありましたが、通うたびに肩が徐々に動くようになっているのがわかり、2回目以降は通うのが楽しくなりました。1か月半で治療を卒業し、今ではゴルフを思う存分楽しめています。二又院長には本当に感謝しています。

痛くて眠れなかった日がウソのよう

(大津市在住の男性)

眠れないほどの肩の痛みが2週間ほど続き、堪らず病院へ駆け込みました。その際は痛み止めの注射を打ってもらい1日程度痛みが治まりましたが、翌々日からはまた眠れなくなり、とても困っていたところ、職場の同僚に二又接骨院を紹介されました。同僚に聞いていた通り、先生や受付スタッフの方が非常に親切で、接骨院が初めてでしたが全く心配ありませんでした。通院前は毎日の着替えも一苦労でしたが、通院を重ねるたびに徐々に肩が上がるようになり、痛みも改善していきました。正直、あれほどの痛みがこれほどまで改善すると思っていなかったので、とても驚いています。通ってよかったと思っています。