menu

大津市瀬田で整骨院をお探しなら二又接骨院へ
 

四十肩五十肩

大津市瀬田にある二又接骨院の二又です。

皆さん四十肩や五十肩って聞いたことありますよね。当院にも「最近肩が上がらない。歳かな?」といって来院される方がいます。

四十肩や五十肩とは簡単に言うと関節炎の一種です。年齢を重ねることで肩の関節がスムーズに動かなくなることがあります。40代で症状が出れば四十肩、50代で症状が出れば五十肩というだけでそれぞれに違いはありません。特徴としてはまず関節周りに違和感がでてきます。そして徐々に痛みが大きくなったり、肩が動かせなくなったりします。今現在、肩をあげたり水平に保つたりすることが難しい方は要注意です。四十肩や五十肩の症状としては、肩を動かす動作や腕を後ろに回せない、なかなか肩が上がらないといった症状がでることがあります。痛みがでる部分が近いので肩こりと間違われやすいですが、肩こりは筋肉の緊張などから起こるので四十肩、五十肩とは異なります。

日常生活で服を着るとき、寝返りを打つとき、料理を作るとき、洗濯物をするとき肩よりも上に手をあげたりするときに痛みや違和感はありませんか。そういった日常の動作に違和感がある場合は一度、接骨院に来院して体の状況を見てもらうといいかもしれません。多くの方ははじめ、ちょっとした違和感を放置してしまったり肩こりと勘違いしたりして来院が遅くなりがちです。ひどい痛みを感じて来院した時には腕が上がらないといったことがありますので少しでも違和感がある場合は、放置せずぜひご相談ください。

今回は年齢を課されることで起こりやすい四十肩や五十肩について詳しく説明していこうと思います。

 

原因は?

昔から四十肩や五十肩の症状はありましたが原因ははっきりとしていません。平均寿命が短かった昔は、加齢によるものとされ長寿の証拠だと言われていました。しかし、現在の平均寿命では40代、50代はまだまだ働き盛りです。現代の40代、50代の方が、腕が上がらなかったり腕を後ろに回せなかったりといった症状を発症してしまうと日常生活や仕事をかなり制限されることになります。

今現在考えられている原因としては、加齢により関節滑膜や筋肉や腱などの性質が変化したり血液循環が悪化したりすることが原因であると考えられています。筋肉や関節の組織や血行が加齢によって変化してしまうことで、肩の関節にある組織が炎症を起こす原因として、例えば普段から同じ姿勢を長時間続けていると関節が固まってしまうことがあげられます。同じ姿勢を続けることで肩関節周りがこわばってしまった結果、筋肉や腱などが傷つきやすい状態になり損傷のきっかけを作る原因となってしまします。またストレスや肩に負担の多い動きや急激な運動を加えることで症状がでるきっかけになると言われています。

 

今どの段階?

四十肩や五十肩は、最初違和感をあるだけで徐々に痛みが大きくなるとお伝えしました。

現在のご自身のお身体の状態を把握して適した治療を受けましょう。今回症状を4段階に分けてご案内していきます。

 

  • 発症段階

きっかけがなく痛みが出ははじめ、いつ痛みがでてきたか特定できないことが多々あります。気づいたらじわじわとした痛みが出ていて特定の場所に炎症が起こっています。

痛みの強さは徐々に痛みが強くなります。早めに受診することで痛みを和らげるようにしましょう。

  • 炎症段階

炎症がピークの状態のため肩や腕を動かすことで激痛が走ります。何もしなくても痛みを感じることがあり、痛みが強いことで夜眠れない方もいらっしゃいます。この段階になると痛みが強すぎてどこが痛いのか特定するのが難しいです。激痛がある場合はすぐに医療機関を受診しましょう。痛みを我慢したり放置したりすることで慢性化してしまい、回復に時間がかかってしまう可能性があります。

  • 回復段階

痛みがだいぶ和らぎ、痛みの部分も特定することができます。ここで油断してしまうとまた痛みが出る場合がありますので十分に注意してください。また炎症と回復を何度も繰り返す方もいらっしゃるので日常生活での動作には気をつけましょう。

  • 炎症完全沈静段階

痛みは完全になくなり一見すると完全に回復した状態です。しかし炎症の影響で肩関節周りの筋肉や関節内を覆う組織が炎症の影響で固まってしまっているため肩の動かしにくさが残っている場合があります。また、固まった関節周りや組織に負担をかける動きには注意しましょう。

 

 

本日のまとめ

四十肩や五十肩は、年齢をかさねることで少しずつ肩を構成する関節の強度が低下していき発症します。そのため肩をあまり動かさない生活をしていると柔軟性がなくなり血行不良がおこり炎症を起こしやすくなります。結果ちょっとしたことで関節の周辺に損傷が起こってしまし痛みを感じるようになります。

日々の生活習慣の中でできるだけ同じ体制でいつづけないことが重要です。また日ごろから適度な運動をつづけましょう。運動といっても肩のストレッチやトレーニングを行うことがおススメです。血行を促進されることで未然に症状を防ぎ緩和することが期待できます。しかし五十肩や四十肩は日ごろの運動不足の積み重ねや加齢の影響で身体が衰えることで起こることが大半です。すこしでも肩関節に違和感があったり、痛みを感じたりしたら早めの受診を心掛けましょう。

 

滋賀県大津市瀬田で肩こり・腰痛・産後骨盤矯正・交通事故・お身体のお痛みでお悩みなら二又接骨院にご相談ください。

瀬田駅から徒歩6分・駐車場5台完備・青い二又接骨院の看板が目印!

会社名:二又接骨院

〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18-4

電話番号:077-572-7127

営業時間 : 月・火・水・金:午前 9:00~12:30/午後 16:00~20:30

木・土:午前 9:00~12:30

定休日:日曜日 祝日

 

関連記事

  1. 睡眠不足と腰痛の関係はあるの?

  2. 女性の悩み 生理痛と腰痛

  3. ホームページを更新しました!

  4. 産後うつについて

  5. マットレス 高反発 低反発の違い


〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18 4MMビル 1F

077-572-7127

9:00~12:30
16:00~20:30
定休日:日曜日・祝日・木曜午後・土曜午後
※最終受付時間は、午前12:00・午後20:00