menu

大津市瀬田で整骨院をお探しなら二又接骨院へ
 

寒さからの不調

皆さんこんにちは。急激な気温の低下で体調を崩されていませんか?

夏のような暑さから一転、冬の寒さへ突入し体がついていかないという患者様もたくさんいらっしゃいます。かく言う私もその一人です。

手足は冷えるし、毎晩のお風呂が楽しみな今日この頃です。

さて、今日は「寒くなると体の不調が増える!?」をテーマに書いてみたいと思います。

 

  1. ぎっくり腰

 

体を動かしたときに急激な強い痛みが腰に生じ、その痛みがしばらく続くものがぎっくり腰で、正式には『急性腰痛症』といいます。原因はさまざまで、筋肉の痛みや『椎間関節』という背骨の関節に由来するものなどもありますが、椎間板に傷が入ることで生じるケースが多いと言われています。欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも言われています。

 

ぎっくり腰になる原因は?

 

重い荷物を持ち上げる時や急に椅子から立ち上がった時などに発生しやすいのですが、近年、増加したテレワークなどの影響もあり、長時間の業務に向かない椅子や机を使用した自宅での勤務によってぎっくり腰になるケースも増えています。

主な要因としては、身体機能の低下です。

姿勢、習慣、過緊張、筋力、柔軟性など。

例えば、運動不足による筋肉の弱化や低下はギックリ腰を引き起こす原因となります。

また、姿勢の不良や長時間の同じ姿勢、繰り返しの動作などそれぞれの過緊張により機能不全に陥っている状態になります。そこへ、ふとしたきっかけがあると、最後の一滴のなり、

ぎっくり腰を引き起こしてしまいます。

 

通常寒くないケースでも、通年でぎっくり腰は起こります。

しかし、寒くなることで、体が冷え、末梢神経が収縮してしまい筋肉への血流量が減ってしまいます。血行不良が原因で筋肉の温度が下がり、筋肉の活動量に必要な酸素を血液から取り込む量が少なくなります。すると、筋肉が酸欠状態となり、筋肉はさらに硬くなっていきます。筋肉が固くなることは、柔軟性が低下するとも言えますので、

そういう体の状態で、急激な動きを伴えば肉離れなどの危険性が高くなります。

 

  1. 肩コリ&首コリ

 

寒くなると、知らないうちに体を丸めていることはありませんか?

犬もコタツで丸くなる~♪(コタツなら温かいはずですが笑)

という歌詞にもあるように、自然界に生きる物は体の熱を逃すまいとして、首をすくめ背中を丸くする姿勢をとりがちです。それがまさに肩コリ首コリを引き起こす原因の一つでもあります。寒さからくる猫背は癖になってしましまい、気づけば肩首の筋肉が硬くなり、

コリや痛みに繋がります。さらに、コートやセーターを着ることで重みとなり、普段は

何も感じない人でも肩コリを感じやすくなります。

もちろん、丸くなる姿勢だけが原因ではなく、先にも述べたように血流の悪さで、筋肉の柔軟性が低下していることも要因の一つです。

 

  1. 足がつる(こむら返り)

 

寒い日の夜中や明け方に足をつったという経験はありませんか?

足がつるのはふくらはぎの筋肉の痙攣状態をいいます。

足がつるには様々な原因がありますが、冷えることにより筋肉の緊張や組織の活動レベルの低下も一つの原因となります。

ふくらはぎの筋肉がつってしまうのは、寒さが原因で日常の活動量が低下し、足を動かす機会が減ることも考えられます。

そもそもふくらはぎの筋肉の働きは、降りてきた血液を心臓へ押し戻すポンプの役割を担っています。動かせば動かすほど血流はよくなり、血液を心臓へ戻してくれますが、

動かさないと血流が下がります。

寒いと、家の中にいることも多くなり歩く量も減ることから、ふくらはぎの筋肉の活動量が減りますね。

ただ、足がつる原因は運動不足だけではありません。

長時間立ちっぱなしの人も足がつることがあります。筋肉への負担が大きく、足のつる要因ともなっています。

更に、一番大きな要因が「水分不足」です。

ミネラル(マグネシウムとカリウム)は、筋肉の収縮や神経の伝達をスムーズにする働きがあり、この2つを調整しているのがマグネシウムです。特にマグネシウムは筋肉の縮みすぎを防ぐセンサーを防ぐ大きな働きをしています。

このマグネシウムが低下することで痙攣を起こします。

夏場は熱中症対策などで意識して水分を取りますが、冬はあまり考えていないことはありませんか?冬場も意識して、水分を摂取することを心がけましょう。

冷えでの血流低下とミネラル不足で足がつりやすくなりますので、

意識して、ふくらはぎのストレッチ、またレッグウォーマーで温める、

マグネシウムはわかめなどの海藻類、ナッツ類、乳製品、大豆製品、

ししゃもなど骨ごと食べる魚に多く含まれていますので、積極的に摂取しましょう。

 

いかがでしたか?

寒いと色んな体の不調が出てきます。

やはり、体の不調の大敵は「冷え」だということがよくおわかり頂けたと思います。

冷え=血流低下=体調不良の図式が出来上がりますね。

まだまだこれからが冬本番です。

毎日、シャワーで済ませてる方はぜひ浴槽にお湯をためゆっくり体を温めてあげてください。また、首、手首、足首など「首」のつくところを温める習慣をつけてみてください。

体を温め、冬の体調を整えていきましょう!

次回もお楽しみに~☆

 

瀬田駅から徒歩6分・駐車場5台完備・青い二又接骨院の看板が目印!

会社名:二又接骨院

〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18-4

電話番号:077-572-7127

営業時間 : 月・火・水・金:午前 9:00~12:30/午後 16:00~20:30  

木・土:午前 9:00~12:30   定休日:日曜日 祝日

11月3日(水祝)休診 23日(火祝)診察 29日(月)休診

関連記事

  1. インナーマッスルのおはなし<体幹編>

  2. 産後の体調に要注意!どんな症状が起きる?

  3. 肩こりの原因は〇〇にあり?

  4. 院内のコロナ対策とは?オゾンによる滅菌に注目

  5. アウターマッスルのおはなし

  6. なぜこむらがえりは起こる?原因を知ろう


〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18 4MMビル 1F

077-572-7127

9:00~12:30
16:00~20:30
定休日:日曜日・祝日・木曜午後・土曜午後
※最終受付時間は、午前12:00・午後20:00