menu

大津市瀬田で整骨院をお探しなら二又接骨院へ
 

血圧のお話

皆さんこんにちは。11月に入りましたね。

今年も残すところ後2ヶ月です。

朝晩は冷えますが、こないだのブログでも申し上げたように、

毎日お風呂に浸かって体を温めていますか?

「温め」は体にとってとても大切なことなので、ぜひ実践してもらいたいと思います。

ただし、炎症などが起こっている場合は温めると逆効果ですので、くれぐれもご注意くださいね。

さて、前回の続きのような話題にはなりますが、寒くなってくると、

「血圧」の急上昇が起こりやすくなります。そして、思わぬ病を招きかねません。

今日は「血圧」についてお伝えしたいと思います。

「血圧」とは?

血圧とは、心臓から送り出される血液が全身へと流れていく際、動脈の内側にかかる圧力 のことです。 血圧は心臓に近い血管ほど高く、手足などの 末梢血管にいくほど低くなります。

血圧は常に変動しています。夜間睡眠中の 血圧は低く、起きて活動している日中は高く なります。 特に、食事や喫煙、入浴、排泄などの動作は 血圧を上げます。その他、年齢や性別、気温、 緊張、健康状態などによっても左右されます。

「高血圧」とは?

血圧が通常よりも高い状態が続くことを高血圧といいます。(図を参照ください)

血管をホースで例えるならば、通常の血圧が自然にホースから水が出ている状態とすると、高血圧はホースをぐっと握って勢いよく水が出ている状態と言えます。高めの血圧が血管に負担がかかることがお分かりいただけるでしょうか。

血管に負担がかかると、血管の老化が進みます。血管の弾力がなくなり、血圧が上がりやすくなります。高めの血圧を放置すると、血管の老化に拍車をかけることになり、

動脈硬化などを招く原因となります。

「動脈硬化」が招く恐ろしい病気

動脈硬化とは、簡単に言うと「血管の老化」の症状を指します。

これらが進むと、狭心症や心筋梗塞などの心臓病や、脳梗塞などの危険な病気を引き起こすことがあります。動脈硬化を起こさないためにも、高めの血圧の方は下げる必要があります。

「冬のお風呂場や洗面所」は要注意!

特に冬は暖房のかかっている暖かい所から、急に寒い所(お風呂場、洗面所、トイレなど)へ移動することがありますよね。実は、この急激な気温の変化で血圧が大きく変動し脳梗塞などを引き起こしたり、体へ悪影響を及ぼすことがあります。(ヒートショックと言われます) 移動する先を暖めておき、なるべく気温差を生じさせないようにすることが大切です。

例えば、お風呂に暖房がある場合はつけておく、ない場合はシャワーをすこし流したままにして室温を上げる、トイレや洗面所には暖房器具を設置するなど、生活環境を少し変えてみることでヒートショックを防ぐことができますよ。

 

「血圧」を下げるには?

高めの血圧対策は「食事」「運動」「ストレス解消」

この3つがカギになります。

「食事」・・塩分の摂りすぎやミネラル不足が挙げられます。

意外と、「塩分」は毎日の食事の中で摂っているものです。

1日あたり男性7.5g、女性6.5g未満が推奨されています。

例えば、かつ丼1人前で6.9g、ラーメンでは5.2gと約1日分の塩分を摂取することになります。しかし、美味しいかつ丼やラーメン食べたいですよね。

そんな時は、ラーメンのお汁を飲み干さないことや、利尿作用の多い飲料を多めに摂り排尿回数を増やす、カリウム(リンゴ、トマト、カボチャ、ほうれん草など)やカルシウム(魚、乳製品など)を含む食材を多めに摂る、半身浴などで汗をかくなどしてみてください。これをしているからと言ってたくさん塩分を摂っていいことにはなりませんが、

何もしないよりは効果があると思います。

塩分を減らすには、味の付け方が大切です。

お出汁でしっかりと味を作る、カレー粉を利用する、減塩醤油、味噌などを利用する、

ちくわ、かまぼこ、ソーセージ、ハムなどの加工食品には塩分が多く含まれているので、

食べ過ぎないことなど、また、お野菜を多めに摂ることなど、毎日の食生活での少しの意識がとても大切になります。

「運動」・・血圧を下げるためには「有酸素運動」+「筋力運動」が必要です。

有酸素運動で簡単にできることは、「ウォーキング」です。

いつもはエスカレーターを使っているところで、階段を使ってみるとか、

バス停1つ手前で降りて歩くとか、毎日の生活で歩数を増やしてみましょう(足腰がお辛い方は無理しないようにしてください)

また、自転車に乗れる方はサイクリングもおススメです。

ジョギングは、足裏や膝に負担がかかりやすいのですが、少しの時間されるのであれば、

心肺機能も鍛えられていいですね。

筋力運動で簡単にできることは「スクワット」です。

太ももの筋肉は1番大きな筋肉ですので、足腰も鍛えられ、また腹筋も鍛えられます。

軽く足を広げ、膝がつま先よりも出ないよう注意して腰を落としていきます。10回×3セットを目標にやってみましょう。また、腰を落としたところで10秒キープすることにもチャレンジしてみましょう。(怪我しないように、無理しないで行ってください)

 

 

「ストレス解消」・・ストレスは万病の元です。

仕事、人間関係などなど、毎日の生活でストレスフリーな生活することは難しいでしょう。

しかし、自分なりのストレス解消方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

カラオケ、お友達とのお喋り、お笑い番組を見る、運動する、寝る、自分がこれをしたら余計なこと考えないわ!という時間が増えるとストレスは解消されていきますよ。

夢中になれる何かがとても大切なんですね。

血圧のことおわかり頂けましたでしょうか。

寒くなる毎日、特に血圧が高めの方はお気を付けくださいね。

では次回もお楽しみに~☆

〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18-4

電話番号:077-572-7127

営業時間 : 月・火・水・金:午前 9:00~12:30/午後 16:00~20:30

木・土:午前 9:00~12:30   定休日:日曜日 祝日

      11月23日(火祝)診察

      11月29日(月) 休診

関連記事

  1. インナーマッスルのおはなし<体幹編>

  2. 歪みの原因とは!姿勢維持に重要なポイント

  3. インナーマッスルのおはなし<股関節編>

  4. 意外と多い産後ママさんの悩み「腱鞘炎」

  5. 足の裏が痛い!

  6. 筋肉貯金をしよう!


〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18 4MMビル 1F

077-572-7127

9:00~12:30
16:00~20:30
定休日:日曜日・祝日・木曜午後・土曜午後
※最終受付時間は、午前12:00・午後20:00