menu

大津市瀬田で整骨院をお探しなら二又接骨院へ
 

【ケース別解説】怪我をしてしまった箇所を冷やすべきか、温めるべきか

みなさんこんにちは。夏本番!みなさんいかがお過ごしでしょうか?

夏バテされてませんか?
長雨でちょっと気分が上がらないとかないでしょうか?
今回は「怪我した箇所を温めたらいいのか?冷やしたらいいのか?」を
テーマにお伝えしますね。
この質問は、実際に当院でも患者様からよく質問される内容です。
 
怪我」してしまった!!
ジョギング中に足首を捻挫してしまった!
お部屋の模様替えの時に重たい荷物を持つ時にギックリ腰になってしまった!
さぁ、困った〜 どうしよう??
患部は冷やしたらいいの?温めたらいいの?どっち〜???
という経験をされた方は意外と多いはず。
 
 
それでは、どちらがよいか書いてみたいと思います。
 
 
結論から言うと
怪我の時期により異なる」です。
ギックリ腰や打撲、捻挫といったものの受傷直後を急性期と呼びますが、この時期は冷やすのが正解です。
この時期は、局所に急激に負荷がかかり、炎症反応を起こしています。
つまり、血流量が増加し、腫れ、発熱、疼痛を起こしているのです。ですから、この時期に温めると余計に炎症反応を
助長してしまいます。急性期に必要なのは、炎症を抑制することで、安静にし、発熱を抑えないといけません。
そのために冷やすことが重要とされています。
人により、変わってきますが、痛みが出てから2〜3日くらいは冷やすのがよいとされています。
また怪我直後にはお風呂に入るのは控えたほうがいいですね。
この急性期を過ぎると、慢性期になってきます。
慢性期には炎症は起こっていないので、冷やす必要はありません。
痛めた部分が疲労し、筋肉が硬くなり血流も悪くなり、局所に酸素と栄養が届かなくなって痛みとなってくるため
慢性期には、血流をよくするために温めてあげることが重要です。

お風呂に入って、痛みが楽になったと感じた場合は慢性きになったと言うことですね
以上のように、急性期は「冷やす+安静」 慢性期は「温める+血流アップ」が大切なことなのです。
二又接骨院にも、ギックリ腰(首)、捻挫などで来院される患者さまが大勢いらっしゃいます。
もし、そのようなことがあった場合は、いつでもご相談ください。
早めに治療を開始することで、早く元の生活に戻れるお手伝いをさせてもらっています。

滋賀県大津市瀬田で肩こり・腰痛・産後骨盤矯正・交通事故・お身体のお痛みでお悩みなら二又接骨院にご相談ください。

瀬田駅から徒歩6分・駐車場5台完備・青い二又接骨院の看板が目印!

会社名:二又接骨院

〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18-4

電話番号:077-572-7127

営業時間 : 月・火・水・金:午前 9:00~12:30/午後 16:00~20:30

木・土:午前 9:00~12:30   定休日:日曜日 祝日

関連記事

  1. アウターマッスルのおはなし

  2. 筋肉貯金をしよう!

  3. 腰痛にならないためにできる予防法

  4. インナーマッスルとアウターマッスルって?

  5. スポーツで起きやすい怪我を知って予防対策!

  6. インナーマッスルのおはなし<体幹編>


〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18 4MMビル 1F

077-572-7127

9:00~12:30
16:00~20:30
定休日:日曜日・祝日・木曜午後・土曜午後
※最終受付時間は、午前12:00・午後20:00