menu

大津市瀬田で整骨院をお探しなら二又接骨院へ
 

寝る姿勢の快眠・腰痛防止

大津市瀬田にある二又接骨院の二又です。

前回は『睡眠の質』についてお話ししました。今回は『睡眠の質』と『腰の痛み』です。
前回お話しした通り眠るためには、「副交感神経」、「体内時計」、「メラトニンの減少」が大きく関わっています。
生活のリズムを整え、身体のバランスを整えることで睡眠の質は向上します。今回は、寝るときの姿勢、特に腰痛との因果関係についてお話ししていこうと思います。
「痛いから眠れない」というのはただの「原因と結果」です。ただ眠る姿勢によって不調になったり悪化したりすることで眠れなくなることがあります。この場合、眠る姿勢が悪い為その結果、身体が不調になり痛くて寝むれなくなるという悪循環に陥ります。

「痛くて眠れない」
「寝ていてもズキズキ痛む」
「朝起きたら痛みが増していた」

そんなお悩みがある方は自分がどんな姿勢で寝ているか思い出してみてください。
正しい姿勢で眠ることで身体の疲れを取り除き熟睡することができます。
反対に間違った姿勢で眠ると腰痛や肩凝り、身体の歪みを引き起こします。

 

あなたはどんな姿勢で寝ていますか?

〇仰向け寝

寝る姿勢はいろいろありますが、中でも最も理想的な姿勢は仰向けだと言われています。その理由は、仰向けで眠ると身体の圧力が均等に分散される為、身体の隅々まで血液が循環します。その為、決戦ができにくいので最も理想的な寝姿勢といえます。ほかにも仰向け寝は、熟睡するのに必要な呼吸が深くなる、寝返りが打ちやすいといったメリットがあります。仰向けで寝るときは、手足を広げて寝るようにすると手足からスムーズに体温が放熱することができさらにぐっすりと眠ることが可能です。また、顔のしわのたるみ防止にもなるので女性の方は仰向けで寝ることをお勧めします。

〇左向き寝

左側を下にして横向きに寝る姿勢の場合、リンパ液の分泌をよくする効果があると言われています。老廃や体内の毒素の排出を促すことができると期待できます。デトックスに興味がある方にお勧めの寝方です。

〇右向き寝

右側を下にして眠る姿勢は、心臓の位置が上になります。さらに肝臓という重い臓器が右側にあるために心臓にかかる負担を軽くすることができると考えられています。また、胃や腸といった臓器は右側に消化器の出口があります。その為、消化器官の働きを良くする効果が期待できます。心臓や消化器官の働きに不安がある方にお勧めの寝方ですので一度ためしてみてください。

〇うつ伏せ寝

うつ伏せで寝ることはあまりお勧めしていません。心臓やおなかが圧迫されるので苦しいと感じる方が多い寝方です。また太っていて首回りに脂肪が多い方や、顎が小さい方は軌道が狭いので仰向けでは熟睡することは難しいかもしれません。また寝返りが打てない赤ちゃんやお歳を召した方にはお勧めできない姿勢です。

ではどの姿勢が一番腰痛にいい寝姿勢でしょうか?
横向け寝は、左右のどちらかの骨盤に負担がかかってしまい骨盤が歪みやすくなります。
次にうつ伏せ寝ですが腰が沈んでしまいお尻が出て反り腰の状態になる為、一番腰に悪い姿勢だということです。腰だけではなく首にも負担がかかってしまうので痛みがある方は特に注意してください。また身体のいろいろな部分を歪ませてしまう可能性があります。よって一番腰痛にいい寝姿勢は仰向け寝です。
また寝姿だけでなく寝返りも痛み防止には重要な要素です。身体には、寝返りをうって長時間の睡眠時に身体の特定の箇所に体重がかからないような仕組みがあります。寝ているときに長時間一転に体重がかかり続けると筋肉が固くなります。
固くなった筋肉がだんだん凝ってくると痛みに代わってきます。寝返りが少ないと痛みが伴う不調を起こしやすいといわれています。

最後に寝ている間に腰痛にならない方法をご紹介していきます。

寝ている間に腰痛にならない為には、背骨が長時間本来あるべき正しい位置にあることが重要だといわれています。

① 仰向けで膝を立てて寝る

仰向けで足を延ばした状態で眠る姿勢は、骨盤が引っ張られることにより腰にも引っ張られる力が伝わることで痛みを引き起こしてしまいます。仰向けで膝を立てることにより骨盤が引っ張られることがなく正しい姿勢で眠ることができます。おススメは膝下に固い枕や固いタオルを置くことです。骨盤だけでなく背骨もリラックスした状態になるので骨が正しい位置になり熟睡することができます。
ただ背中を丸めたときに腰が痛くなる方は、この方法では腰痛が改善しないことがあります。そのような方は無理せず横向きなど楽な姿勢で眠ることをおススメします。

② 腰の下にタオルを置く

仰向けで寝ころんだときに腰が浮いてします方は腰の下にタオルを置いて隙間を埋めてあげることで腰痛がやわらぎます。腰との間に隙間があると背中が浮いた状態になり㈮育が凝りやすいです。そのため、タオルで隙間を埋めることで身体がリラックスし安心して眠ることができると言われています。とても姿勢が安定する寝姿ですので腰に不調があり安静にしたいときや急にギックリ腰になった場合はこの姿勢で眠ることをお勧めします。

③ 横向きになり少し丸まる

この姿勢も仰向けで膝を立てる方法と一緒で骨盤をひっぱることがあまりないので腰に負担が少ない姿勢です。横向きで眠る場合は仰向けで眠るのと違って背筋を伸ばさず少し背中を丸めた姿勢になるので腰に負担がかかりづらく楽な姿勢といわれています。また両ひざの間にクッションなどを挟むことでより骨盤が引っ張られる心配が減ります特に太ももの付け根の筋肉が固い人にお勧めです。

つらい腰痛で眠れない夜を過ごしている方は一度ご自身にあった寝方を試してみてください。少しでも腰や骨盤への負担を減らすことで一気に楽になりゆっくり休むことができます。ご自身にあった最適の寝姿勢を見つけることが腰痛予防にもなるのでぜひさがしてみてください。

滋賀県大津市瀬田で肩こり・腰痛・産後骨盤矯正・交通事故・お身体のお痛みでお悩みなら二又接骨院にご相談ください。
瀬田駅から徒歩6分・駐車場5台完備・青い二又接骨院の看板が目印!

会社名:二又接骨院
〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18-4
電話番号:077-572-7127
営業時間 : 月・火・水・金:午前 9:00~12:30/午後 16:00~20:30
木・土:午前 9:00~12:30
定休日:日曜日 祝日

関連記事

  1. 睡眠の質


〒520-2153 滋賀県大津市一里山2丁目18 4MMビル 1F

077-572-7127

9:00~12:30
16:00~20:30
定休日:日曜日・祝日・木曜午後・土曜午後
※最終受付時間は、午前12:00・午後20:00